これこそ使いたい化粧品のipsコスメ

「私の使いたいコスメ」

株式会社IPSコスメティックスには、その社名からも分かるようにIとPとSという文字があります。

IPSの意味この3つの文字には、それぞれ意味があります。

まずIとは、Intelligenceの略です。ちなみにそれは知という意味なのですが。

そしてPは哲学です。
ちなみにPhilosophyの略です。

さらにSですが、科学です。
Scienceの略です。

この3つの文字によって社名が形成されていて、それぞれの3つの文字には意味があるという訳です。
そしてその3つの文字が、ワンセットになっています。

すなわち株式会社IPSコスメティックスは、その3つの要素が融合していることが重要という企業理念があるわけです。
3つが融合することによって、人々に対する真の美しさが生まれるという姿勢があるわけです。
人々だけでなく、社会に対する美しさも重要と考えていますが。
またその美しさを作り出すことも、株式会社IPSコスメティックスは重要と考えています。化粧石鹸

株式会社IPSコスメティックスは、様々な美容関係の製品に関係する会社です。
上記で申し上げた3つの要素によって、株式会社IPSコスメティックスは多くの方々の
美容に対しての企業努力をしているという姿勢があるわけです。

何だか言葉遊びみたいで面白いですね。
色んな略語を調べてみるのも楽しそうです。

会社名をIPSのようにいくつかの言葉の頭文字にしていたりするところって結構あります。
また、そこだけの造語を作っているところもあります。
言葉ってこうして生み出せるから面白いです。

イニシャリズムとアクロニムはどう違う?頭文字の歴史

イニシャリズムとアクロニムは頭字語と言われるもので、頭字語とは単語の略語のことで
複数の単語から構成されている頭文字を繋げて作る単語で、単語を読む場合は頭文字を読んでいきます。

イニシャリズムの代表的なものには、UAEは(ユー・エイ・イー)と読み、USAは(ユー・エス・エイ)、
CDは(シー・ディー)、DVDは(ディー・ヴイ・ディー)のように、単語の頭文字を一字ずつアルファベットの読み方で読みます。

アクロニムは1940年代に用いられるようになりましたが、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)は
「United・Nations・Educational・Scientifficand・Cultural・Organaization」のそれぞれの頭文字をとります。
UNESCO(ユ・ネ・ス・コ)と読み、NATO(北大西洋条約機構)は「North・Atlantic・Treaty・Organization」でNATOとなります。
それぞれの頭文字を繋げて読みます。

実際の意味を知れるとより理解もしやすく面白みがありますね。