ipsコスメティックスの処方から製造まで!上手な保管方法もわかる!

IPSコスメティックスを使うipsコスメティックスの処方と製造について

ipsコスメティックス製品の処方ですが、処方は販売員が
直に購入者様とお会いしてからになります。

その為、購入者様が商品をお求めの場合販売員となる物が
必要なものを判断し販売と言う形になりますので、
第3者が勝手に商品をおすすめしたり売買をする事は
ipsコスメティックスでは行わないのです。

こうした販売法を取る理由ですが、一つは購入者である
お客様の肌や体質に合わせたコスメ商品を販売することを
心がけているため、販売員の者が、商品に興味を持った
お客様に合わせて商品を選出します。

しかしながら、そうした正規販売員とは異なる者が販売した類似製品については
安全性が保障できないため製品がどのようなコンディションであるかもわからないため、
お客様にはお勧めできない商品となるのです。

保管場所

この問題は、非正規品のipsコスメ商品の購入における責任は会社の方では追わないことを
明記しているので、あくまで自社にて造り上げたコスメ製品においては、商品に問題が
生じた場合速やかに対応をするということです。

次に製品の製造方法ですが、製品は、自社にて生産しており、商品の特徴としては、
使用期限が3年と長く設けられていることが特徴です。

この問題は、製品を製品化する上で、高い品質を維持することが出来る技術があると
されているため商品を未開封である場合においては3年の使用期限が設けられているとされています。

基本的に製造における手法などは公開されておらず、研究機関の場所しか公開されていないため、
商品の生産をしている場所についても謎が多いので、商品の生産をどこで行っているかと言う情報も無いです。

つまり製品を研究して生産をしている会社自体の情報が少なく、機密情報が多いため分らないことが
多いということです。

しかし、インターネットからの情報では高い品質を維持している製品であることは判明しているため、
ips製品の多くは、販売から生産に至るまでの過程においては、細心の注意を払い製品を取り扱って
いることがうかがえます。

その為、商品の安定性が高く、購入者の意見を参考に製品を造り上げているため、高い満足度を
維持しているのも納得のいく会社側の成果であると言えます。

購入できる場所こそ限られているという意見がありますが商品自体の保存法についても
販売員の方は心得があるため、自社の製品を大切に扱っていることから利用者の好感度の高さがうかがえます。

IPSコスメティックス製品の保管と日光の関係

IPSコスメティックス製品の保管と直射日光の関係についてですが、商品の保存には、厳密には未開封で
1年を保存できる期限であると定めていますが、商品によっては3年の保存を目標として作られているため、
直射日光が当たらなければ3年であるとされます。

ただ、多くの製品は保存期限を1年としているため1年間の保存が適切であると見るとよいです。

なお、この保存については、公式サイトに書かれていますが、太陽光からの酸化を守るために
紫外線吸収剤を使用しているために、保管期間が長いものであるとされます。

次に日光による影響の関係性ですが、IPSコスメティックス商品の中には、紫外線を吸収する
吸収材を使用しているものがあります。

この吸収材の特徴は、紫外線を熱に変換することで肌の表面から熱を放出する特性があります。

この特性を生かして商品の紫外線を吸収するという効果を生かしているのですが、問題は商品自体に
紫外線である太陽の光が当たると製品が熱くなり劣化しをしてしまうのです。

日が当たらないように

その為に直射日光を避けなければ商品が劣化してしまうので記載をしている物と推定します。

つまりは、商品の中には紫外線を吸収することで商品としての日焼け止めなどの価値のある商品を
成しているものがあり、日光が当たることを良しとしない物があるということです。

そうした商品は日光を嫌い、直接日光が当たらない場所にて保存をするように記載があります。

IPSコスメティックスの日光による影響については、商品自体が熱を吸収することで熱くなることと、
熱を帯びて熱くなることで主成分である有効成分が劣化するため望ましくないが故に日光を避けての
保存が望ましいということです。

なお、その他メーカーの販売するコスメティック商品も同様に太陽光が当たることで、商品の主成分が
劣化する物があり、太陽の光を浴びることで紫外線を吸収し、熱を帯びるものがあることから、
化粧品においては太陽の光を避けて保存をする事は常識であるとされています。

以上のことからipsコスメティックスの製品は日光を嫌い、日光を嫌う理由は、製品の主成分が
劣化し化学変化を起こす点、紫外線吸収剤が太陽光で化学変化を起こして熱を帯びる点から
コスメティック商品としては機能を果たさなくなる可能性を考慮して太陽の光を避けるのが
望ましいという結論に至ります。

それが例え、太陽の光から身を守るUVカット商品でも同様に太陽の光を避ける必要性があるということです。