これこそ使いたい化粧品のipsコスメ

「サフラワー油」

サフラワー油は、紅花の種から取れる油分のことです。
日本では「末摘花」として古くから親しまれたことが、多くの文献からも見られます。
熱を下げたり、血行を促進したり、炎症を抑えたりといった効果が見とめられ、クスリとして使用されてました。

リノール酸やオレイン酸を多く含みことから、食用としても現在、使われています。
肌を柔らかくしたり、使用感がスッキリするという効果は、コスメティックスの成分としても有効です。
スキンケア製品やメイク製品など、広く使用されています。空気をリラックスできる状態に

ベニバナが原料の高級食用油!サフラワー油とは

サフラワー油とは、色素原料として昔から栽培されていたベニバナの種子から採れる油のことで
紅花油やサフラワーオイルとも呼ばれています。

現在では、主に食用油などに用いられており、1950年代からアメリカで生産が始まりました。

生産当初は、食用油ではなくワニスや塗料の原料として使われていましたが、1960年代に入ると
工業用の生産が増加し安価に手に入れられる大豆油が主流となり、サフラワー油は食用油へと用途を変化させていきました。

現在では家庭用の高級食用油であり、一般的に使用されている菜種油や大豆油より高値で販売されています。
人の体内で合成されない必須脂肪酸であるリノール酸を含んでおり、リノール酸が不足すると
抜け毛や髪のパサつきなどが起こるため、適度に摂取する必要があります。

ただ、リノール酸を過剰に摂取すると、アレルギーの悪化や大腸がんなどのリスクを高める恐れがあるので注意が必要です。
過剰摂取は危険ですが、適度な摂取によって、サフラワー油は私たちの生活を豊かにしてくれるかもしれません。

サフラワー油の特性

しかし大変酸化しやすい特性を持っています。
コスメティックスとして製品化するときには成分を安定させることが必要です。

そのため単独で使われることよりも、他のオイルと合わせたり、酸化防止剤などを使用します。
ナチュラル志向のコスメティックスに心がける場合は、この酸化防止剤に
何が使われているかなども考慮したほうが良いでしょう。

またコスメティックスの成分として含有されている程度では影響がありませんが、
アロマテラピーなどで直接的に使用する場合、妊娠中はさけるべきものとされています。
サフランと混同しやすいのですが、全く別のものです。

このように、普段何気なく使っているコスメティックスですが
多くの成分が使用されていることもあり、一つ一つに関してどういった特徴があり
肌にどんな良い影響を及ぼしてくれるのかを知ることで、美肌を実感しやすくなります。

美肌の為に必要なセット

IPSコスメティックスの製品を使うのであれば、難しくてわかりにくいような
成分に関する疑問点も、IPSコスメティックスの販売員に尋ねたり
サイトを通じて調べやすいので、安心して使用することができます。