美容健康共にIPSで全て完結

IPSコスメティックスを使う女性がいつまでも美しくあること、それは永遠の女性のテーマと言えます。

女性に美しさをもたらすコスメ会社は世の中に沢山あります。
しかしIPSコスメティックスは美しさのほかに、若々しさや健康と言ったものまで女性にもたらしてくれる、株式会社IPSコスメティックスとは女性にとって強い味方はの企業なのです。

強い味方

IPSコスメティックスの提案するコスメティックラインは、美しさのほか
アンチエイジングや若返りに効果のある商品を数多く提案しています。

自然のリカバリー力を上手く引き出しつつ、肌のダメージを修復し、
外的環境から肌を保護する効果に優れ、アンチエイジングを実践することができるのです。

見た目はやっぱり大事!美しいということ

どんなに美しい人でも、年齢を重ねて肌に老化の影響が目立ちやすくなってくると
一気に老けた印象を受けてしまう可能性があるため、日頃からスキンケアは
最低でも基本的なお手入れを続けていくことが重要です。

世界中で毎年話題となる「世界で最も美しい顔100人」は、1990年から
世界中の女優やモデルを対象にして、閲覧者から寄せられた投票を元に選ばれています。

どの女性も年齢に比べて格段に肌にハリやツヤ、弾力がある方が選ばれており、
やはり美しい素肌を維持することは美しさを維持するためにもとても重要な要素と言われています。

若い頃に屋外でスポーツなどを長時間行なっている方は、通常よりも紫外線を浴びているため
皮膚の酸化が進行するようになり、シミやしわといった症状が目立ちやすくなります。

そのため紫外線対策はもちろん、美白ケアやエイジング化粧品を利用したお手入れを
日頃から心がけるだけでも、肌の老化をストップさせることは十分に可能です。


IPSコスメティックスがこだわる成分

IPSコスメティックスのコスメはその素材にもこだわりが感じられます。

できるだけ自然素材に拘り、使用感がよく肌に負担をかけない製品作りに尽力されているのです。効果的
そのため、一度IPSコスメティックスのコスメラインを使うと、使用感がソフトでマイルドであり
他の化粧品が使えなくなってしまうほどなのです。

裏側の原材料を確認して、安心して使いたいものです。
そのために、ネットの口コミで様々な評判を調べておくことも大切です。

成分の名前がわからなくても、今の時代検索すればすべて出てきます。
素人でもわかるような言葉でまとめられているから便利ですね。
ものが溢れる時代だからこそ消費者も賢くなくては…と思います。

またIPSコスメティックスはヘルスケア商品にも力を注いでいます。
体の内側、外側から両面からアプローチし、トータルでアンチエイジングや
美しさを手に入れることができるのです。

IPSコスメ一社で美容健康を一挙にケアできると言うことなのです。

 

AGEは動脈硬化に繋がってしまう物質

医療機関肌の衰えや薄毛や白髪や老眼や関節痛や神経痛や骨粗しょう症、
物忘れや免疫力低下や代謝不足など、加齢に伴う健康不安には
様々なものがありますが、生活習慣病の代表格である動脈硬化も
その一つです。

血管の中に血栓ができたり、血管が本来持つしなやかさを失って
硬くなったり狭くなったりして、血液の流れが悪くなってしまう
というものです。

加齢とともに発症のリスクは高くなり、バロメーターとなるのが
人間ドックや健康診断などにおける血液検査の数値です。

悪玉コレステロールの数値や中性脂肪値や血圧が高い方は要注意です。
症状が進み、血液がドロドロになっている可能性が高いです。

血液がドロドロになると、脳出血やくも膜下出血や脳梗塞などの脳卒中や心筋梗塞や狭心症などの
心臓病を発症させるリスクが高まります。

脳卒中や心臓病は突然死を招く危険もある重大な疾患であり、発症したら一刻も早く医療機関で
適切な検査と治療を受ける必要があります。

軽症の場合は点滴治療で済みますが、重症の場合は手術が必要になります。
心臓病の症状としては、激しい胸の痛みや圧迫感や胃痛などがあります。

胸が苦しいという前兆がある人もいます。
脳卒中の症状としては、左右のどちらかの手や足や顔に麻痺やしびれが生じてスムーズに
動かせなくなる、とっさに言葉が出なくなったり呂律が回らなくなったりする、視界が
ぼやけたり片方の目が見えなくなったりしてフラフラしてしまう、激しい頭の痛みや
めまいや耳鳴りや吐き気や嘔吐が突発的にあらわれるなどがあります。

まわりにこのような症状がある人がいたら、すぐに救急車を呼ぶことが大事です。

揚げ物などの油っこい食べ物の食べ過ぎで脂質の過剰摂取になり修正脂肪と
悪玉コレステロールの数値が上昇する、味の濃い食事が多くて塩分の過剰摂取に
なり体がナトリウム過多になって血圧が高くなる、運動不足や加齢で基礎代謝が
低下し太りやすくて痩せにくいめぐりの悪い体質になってしまう、重度の歯周病で
歯周病菌が血管に入り込むなど血液がドロドロになる原因には様々なものがありますが、
AGEの増加もその一つです。

AGAはタンパク質と糖が結びついて出来るもので、コラーゲン線維にAGEが蓄積されると
血管が老化して血液がドロドロになってしまいます。

血管だけではなく、骨や肌や目や脳など全身のあらゆる部分に悪影響をもたらす厄介な存在です。
いつまでも健康で若々しくあり続けるためには、血管年齢を若く保つことが重要なポイントとなります。

 

生活習慣病は老化を加速させてしまう

老化を加速させてしまう原因には様々なものがありますが、生活習慣病もその一つです。
その名の通り生活習慣が原因となるもので、糖尿病や高尿酸血症や高脂血症や高血圧や
メタボリックシンドロームや脂肪肝などがそれにあたります。

健康診断や人間ドックなどの血液検査を受けた際に、数値が悪くてこれらの疾患を
指摘された経験があるという方は多いのではないでしょうか。

改善や予防のためには、生活習慣の改善が必要です。
健康的で規則正しい生活習慣を身につけることができれば、健やかでエイジレスな体に
導くことが可能です。

生活習慣を見直す

日常生活において意識すべきこととしては、暴飲暴食を避けて栄養バランスを意識した
質の良い食事にシフトする、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように気を付けて
運動で肥満を解消させる、こまめに水分補給をして新陳代謝を活発にさせて血液が
ドロドロにならないようにする、早寝早起きを心がけて生活リズムを整えて自律神経が
乱れないようにする、歯医者さんで予防歯科診療を受けてオーラルケアを徹底し歯周病に
ならないようにする、禁酒や禁煙に努めるなどがあります。

糖質や脂質や塩分は過剰に摂取すると血管に悪影響を及ぼしますので、
砂糖がたっぷり含まれているスイーツや炭水化物を控えて血糖値が上がらないようにする、
油っこい食事を少なめにして悪玉コレステロールや中性脂肪の数値を下げる、塩分が少ない薄味の
食事を意識して高血圧を予防するなどの対策が必要です。

糖質

食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあるので、食物繊維が豊富に
含まれている野菜や大豆食品を食事メニューに積極的に取り入れるという
方法もおすすめです。

塩分を摂り過ぎてしまった場合は、利尿作用がありナトリウムを体外に
排出させる働きをするミネラル成分のカリウムを摂取しましょう。

コレステロール値や血圧や中性脂肪値を下げる効果が期待できる成分と言えば、
多価不飽和脂肪酸のEPAとDHAです。

EPAとDHAは、カツオやマグロやサバなどの青魚に多く含まれています。

血糖値が急激に上昇すると、糖尿病を発症させるリスクが高まります。
食後30分が血糖値上昇のピークですので、そのタイミングを狙って運動をすると血糖値を効率
良く下げることができます。

血管のアンチエイジングに最適な運動は、ウォーキングです。
ウォーキングは体内に酸素を取り入れながら体を継続して動かすことができる有酸素運動で、
脂肪燃焼効果が期待できます。

内臓脂肪と皮下脂肪の両方にアプローチすることが可能です。