これこそ使いたい化粧品のipsコスメ

「サリチル酸ナトリウム」

命名されたのは1838年!美容効果がある「サリチル酸」とは

サリチル酸は1838年にイタリアの科学者Raffaele Piria(ラファエレ・ピリア)が発見し命名をしました。

この物質は植物の柳から樹皮から採取することができます。 古来から柳には解熱や鎮痛効果があり、1838年にその原因となる物質を突き止めたのがRaffaele Piria(ラファエレ・ピリア)なのです。
これは偉大な発見でした。 19世紀には解熱鎮痛剤として使われていましたが、激しい胃痛という副作用を伴います。

ですから、現在ではサリチル酸を無水酢酸によりアセチル化したアセチルサリチル酸が鎮痛剤の代表格になっています。 アスピリンとも言われていますが、こちらの名前の方が有名ですね。 また、サリチル酸は世界中で化粧品や衣料品、食料品の防腐剤に使われてきた歴史があります。

今は禁止されていますが、もちろん日本でも飲食物に長らく防腐剤として広く使われていました。 最近ではこの防腐作用や殺菌作用、角質を溶かす作用を活かした美容効果に注目が集まっています。

現代においては

サリチル酸ナトリウムは、非ステロイド性の抗炎症薬であり
鎮痛剤や消炎などの医薬品として知られています。

そんなサリチル酸ナトリウムは、防腐剤としても活躍していますが、
殺菌作用が認められており、コスメティックスに含まれる成分でも良く見られます。

特にニキビや脂性の方のコスメティックスとしては欠かせない存在であり、
また雑菌の繁殖を抑える点から、最近ではフケ痒み防止効果を発揮し
シャンプーや育毛剤などに含まれるメジャーな成分にもなってきました。

ニキビ肌のピーリングコスメティックスとして、角質を溶かして、新陳代謝を促し
新しい角質へとバトンをつなぐといった流れが効果的であり、美顔エステでも人気があります。

ただ、人によっては刺激が強く感じる事もあり、敏感肌や頭皮が弱い方には
向かない場合がありますので、そのように違和感を感じた時には
使用回数を控えたり、サリチル酸ナトリウムを含まないコスメティックスに変更するのが良いでしょう。

こういった使用するコスメティックスに使われている成分について知ることは
美を維持するためには非常に重要なことです。

IPSコスメティックスではこだわりを持った成分の配合による製品開発に
努めているからこそ、お客様にIPSコスメティックスの製品に関しての
丁寧な説明を心がけているのです。快調な毎日へ

また、ニキビ肌に悩まれている方にもIPSコスメティックスはお勧めです。
IPSコスメティックスの夜用美容液に含まれているオウゴン根エキスと
グリチルリチン酸2Kという成分は、ニキビや肌荒れに効果があるとされています。

他にも、IPSコスメティックスでは使用されている成分に関する詳細を
IPSコスメティックスのサイトにも記載していますので、より安心・安全に
製品をお使い頂けるでしょう。

所在地